TGCM Day10

posted in: Blog | 0

本日のタスクはキャンセルされました。

Blipmapの予報では4,500-5,000ft程度Cuベース、湿った空気の流入によるCuの立ち上がり、そして日中の局地前線の通過が予測されていましたが、さらに朝から低視程(15km)が観測されていました。

昨夜の放射冷却が影響しているのか、地上風(南風)も冷たく、昇温が遅いのが気にかかります。

曳航開始を12:00と遅めに設定し、2回スニッファーを出してロングトーが予想される東20kmエリアを偵察の後、曳航開始。

4機をエリアに投入したところで、ずり落ちてくる機体が出始め、低視程のこの状態でコンテストを安全に続けられるか迷いが出たので、思い切ってタスクをキャンセルさせていただきました。

フリーフライトに切り替えるとともに、各機がエリアを大きく離して飛行することでフライトを継続しましたが、13:00過ぎに前線が通過。冷たい、15-20ktの北~北東流が流入し、少しの間だけ前線フライトを楽しんだのち、全機着陸・撤収となりました。

TGCMとしては、最低気象条件の設定や安全を確保するための仕組みづくりに話が発展し、とても良い学習の機会となりました。

明日の予報が芳しくないことから、このあとBタスクにトライします^^

キャンセルとなった本日のタスク。AAT55.4km/202.2km